日経電子版 料金 高い
読者に「少しでも多く記事を読んでもらいたい」「新聞がない生活はイヤだと思ってもらいたい」のなら、タッチポイントを増やさなければならない。つまり、電子版を読みやすくするための戦略(価格、アプリの使いやすさなど)が不可欠で、実際に推し進めるべきだ。 それこそImpress Watchをはじめ、ウェブ専門のニュースメディアは星の数ほどある。しかし、その多くは専門分野ごとにターゲティングされている。IT専門だったり、通信関係だけ、あるいは車やエンタメだけといった具合だ。 これに対して、新聞の魅力は(業界紙を除けば)明らかに「総合力」にある。社会的な事件・事故を筆頭に、スポーツの結果、宝くじの当選番号、人生相談、料理レシビ、読者投稿などなど……。くまなく検索すればそれこそネットで、無料でかき集められる情報かも知れないが、これらを1パッケージに読みやすくし、毎日届けてくれるのが、新聞に他ならない。 そこへ「情報源としての信頼性」も加味される。例えば大きな火災があって、その様子が動画で撮影されてSNSで出回ったとする。現代ならではの現象で、情報伝達の速さの面では確かに新聞が太刀打ちできるところではない。ただそれでも、怪我人が出たのか、どれくらいの範囲が燃えたのか、周囲にどれくらい影響が出たのかをトータルに把握したいとなると、そこはやはり新聞社の取材体制が強みを発揮する。 陳腐な結論で恐縮だが「情報源は複数あってこそ」。ウェブのニュースサイト、ウィキペディアがあれば、それなりの調べ物できるかもしれない。しかし、テレビで見た情報であったり、専門書で学んだ内容、そして新聞で読んだ記事も加わっていく事で、物事に対する理解は深まっていく。 やや観念的な話になってしまった。最後に、筆者が独断と偏見で選んだのは───読売新聞だ。なにより重視したのは、紙版を月額4,400円で契約さえしていれば電子版が無料でついてくること。筆者宅では、紙の新聞を読む習慣がある人物が2名いるので割安感がある。家では紙版を読み、必要なら出先で電子版をスマホで読む。無料(? 日経電子版の広告掲載料金に関して詳しく掲載しています : リッチ/動画広告・ディスプレイ・インフィード広告・ターゲティングメール・新聞連動など 確かにスマホと比べてタブレットなら閲覧性は上がる。下の写真は画面サイズ9.7インチのiPad Air初代モデルで朝日新聞の紙面を閲覧しているところだ。視力、老眼の有無によっても異なるだろうが、筆者にとっては文字サイズがやや小さく、ピンチイン・ピンチアウトで拡大縮小させなければ記事が読みづらい。7.9インチのiPad miniではさらにツラそうだ。 こちらは27インチのPCモニター(横配置)で、読売の紙面ビューアーを全画面表示した状態。画面の縦サイズは実寸で約34cm。12.9インチのiPad Pro(外形寸法の長辺28.6cm)をはるかに超えるサイズだが、個人的にはそれでもまた厳しいと感じる。 今後タブレットの大画面化が進み、20インチ超のディスプレイが当たり前の時代がくれば、紙面ビューアーの位置付けも変わってくるだろう。そうなると今度は持ち運びの問題が出てくる。家のリビングでは問題なくても、屋外には簡単に持っていけないだろう。 しかし、新聞記事との付き合い方を考えれば考えるほど、「あらゆる姿勢・場所で新聞を読めるか」がいかに重要か、気付かされるのだ。 今回の集中連載にあたっては、約3週間に渡って、日経・読売・朝日のデジタル版にじっくり触れてみた。朝食を食べながら、あるいは取材先へ向かうための電車の中で、昼時の公園で、ファミレスで夕飯を食べ終えた後で、洋式トイレに腰掛けながら、そして布団に潜り込んで眠りにつく直前など、とにかくあらゆるシチュエーションで電子版を読んでみた。 「スマホで新聞」の意義は、常に肌身離さず持ち歩いているスマホで、好きな時に好きなだけ、それこそ片手でも新聞を読める点にある。 言うまでも無く、紙の新聞は(物理的に)大きい。日本の新聞の多くは「ブランケット判」を採用しており、1ページの大きさ(横×縦)は406×545mm。見開き状態では横幅がさらに倍になる。大きな食卓がある部屋はともかく、オフィスの机だったり、喫茶店の2人掛けテーブルなどではページを開くのに苦労する。 もちろん、新聞はその紙面の大きさに依拠した表現手段を持っている。見出しの文字サイズや色、写真の大きさで、ニュースの重要性を伝えられる。それこそ8年前の東日本大震災に際しては、新聞各紙の1面に、その横幅をすべて使って極めて大きく「地震」の見出しが躍った。 持ち運びのしやすさも、今となってはそれほど高いとは言えない。駅で買って読み捨てるならともかく、自宅に届いた新聞を持って朝出かけるのは少数派だろう。 スマホは画面こそ小さいが、その可搬性は抜群で、枕元に置いて寝る人も多いはず。先にも少し触れたが、「布団の中で仰向けになって新聞を読む」という体験は、紙の新聞では事実上難しい。寒い冬の朝、ポストに足を運ばず、布団の中で丸まったまま、当日の天声人語を読みたいとしたらどうすればいいのか? 日経電子版の料金プランから特徴、デメリットまでを全てまとめました。 今はもうインターネットのYahooやスマートニュースで記事が読めるから、新聞は読んでいないという人も多いでしょう。しかし、新聞を読むことで得られるのは「時事ネタ」だけではありません。 読売は電子版サービスを始めたばかりだし、朝日らがあまり積極的に有料会員数を公表していないことを鑑みれば、日経電子版が国内ナンバー1の「新聞電子版サービス」とみて間違いない。 料金は上述の表の通り、電子版は月額4,200円。 日経電子版のお申し込みはこちらからお願いいたします。 なお、新聞(宅配:販売店に購読料をお支払い)の解約は、担当の新聞販売店にご連絡いただく必要が 日経wプランは、日経電子版の利用料金が申込日から翌月末日まで無料です。日本経済新聞の購読料金は、配達開始日から発生します。配達開始月の購読料金は、配達開始日から月末まで(休刊日を含む)の日数に各新聞の単価を掛けた金額となります。 「それくらい我慢して起きろよ」という声が聞こえてきそうだが、いやスマホと有料の電子版の組み合わせなら、難なくやれる。対して、紙の新聞やPCではほぼ無理。タブレットなら何とかなろうが、スマホに比べて普及度が劣る以上、同列には語れない。 これは極端な例だが、かといって一笑に付すこともできないと思う。動画配信サイトが徹底したマルチデバイス対応で顧客との接点をとにかく増やそうとしているのを、新聞社は横目で見ているだけでいいのか? 本記事ではmineo(マイネオ)の日経電子版オプションを解説します。mineoから契約するだけで月額料金が600円×2年間割引になります。初月無料やパケット増量の特典もあるので、別々に申し込むより断 … 日経電子版の料金プランから特徴、デメリットまでを全てまとめました。今はもうインターネットのYahooやスマートニュースで記事が読めるから、新聞は読んでいないという人も多いでしょう。しかし、新聞を読むことで得られるのは「時事ネタ」だけではありません。新聞って読んでない人多いけど、私はカフェやホテルに行ったら絶対チェックしてる。読み込む事で文章力もつくし、今、世界や日本社会で起こっていることをフラットに学ぶなら新聞が一番楽。あと新聞広告みてキャッチコピーやセールスの導線もチェックしてるよ— クロネコ屋@アフィリエイター (@NINJAkusokuso) 例えば文章力について学ぶことも、キャッチコピーについて学ぶこともできるのです。私は日経新聞を読んでます\(^o^)/— クロネコ屋@アフィリエイター (@NINJAkusokuso) ビジネスパーソンやフリーランスにとっては、日本の情報も世界各国の情報も収集しておくことは大事なことです。そこで今回は経済に特化している新聞の「日経新聞」を、パソコンやスマートフォンで読めるオンラインのサービス「楽天マガジンの超まとめ!特徴、料金プラン、読める雑誌は何がある?の疑問に答えます。スポンサーリンク目次日経電子版とは、日本経済新聞社が運営しているオンラインサービスです。日本経済新聞社は「日経新聞」「日経MJ」「日経ビジネス」「日経ビジネスアソシエ」などの新聞・雑誌を主に創刊している会社です。日経新聞の特徴は、他社と違って経済系の分野に強いということです。「日本経済新聞」というその名前からもわかるかと思いますが、新聞の内容は経済のことが中心です。経済といっても株や投資のことではなく、政策や同盟国であるアメリカのこと、貿易パートナーとしての中国やASEAN(東南アジア諸国連合)に関しての記事も充実しています。アメリカに関する情報量は大手紙の中でもトップクラスです。身近な企業に関する内容の記事やビジネスマンへのインタビューも多く、就活生の情報収集にも使用されることが多く、学生でも読める内容ですから、フリーランスにも大変おすすめです。オーディオブックの効果?仕事に追われながらも月に50冊の読書量をこなすテクニック。ここでは、日経電子版の料金プランについて紹介していきます。この2つの料金プランがあります。日経Wプランに関しては、新聞紙のみの申し込みに¥1,000プラスするだけで電子版でも読めるというのが特徴です。日経電子版は「申し込んだその月の料金が無料」なので、その間に自分に合うかどうかをチェックして見てください。なお、「申し込んだその月」なので、月末よりも月初に申し込むことをおすすめします。ちなみにですが、日経新聞はコンビニに毎日配達されているのでそれを購入することができます。1部あたり¥160ほどなので、毎日読むわけじゃないという人は、コンビニで読みたいときだけ買うというのもいいですね。ここからは日経電子版の特徴を紹介していきます。まとめると、この7つの特徴があります。次の章からそれぞれ詳しく紹介していきます。日経新聞は、朝刊と夕刊を合わせると約300の記事を掲載していますが、日経電子版ならそれに加えて電子版オリジナルの記事をプラスしてくれるます。その数なんと900記事/日!一体その900記事はどんなものが掲載されているのでしょうか?以上のジャンルの記事が掲載されています。日経電子版なら、新聞の紙面と連動させて、グラフなどのデータをわかりやすく表示してくれます。また、記事の他に映像のコンテンツを追加することで理解を深めるための工夫もされていたり、ビジネスパーソンにとっておすすめの情報をコラムで掲載しています。Myニュースを使えば、自分の気になる記事をピックアップすることが可能です。この4点を行うことができます。1日に約900もの記事が更新されるとはいえ、多すぎて自分の気になる情報が探し出せないと言うケースも考えられますが、Myニュースを使えば気になる情報だけをピックアップすることができます。日経電子版はの3つのデバイスに対応しています。スマートフォンとタブレットの場合には専用のアプリもあります。アカウントを紐づけることができるので、保存しておいた記事をどのデバイスでも読むことができます。また、スマートフォンでも読めるので、満員電車で周りを気にせずに指一本で新聞をめくることができて非常に便利です。日経電子版には様々なサービスとの連携機能があります。などと連携させることができます。Evernoteを連携させると、自分がEvernote内に作成したノートの中から、記事に関連するものを自動的に表示してくれたり、日経電子版に「Evernote保存ボタン」を設置することができるので、簡単に保存できます。名刺管理アプリ「Eight」と連携させると、登録した名刺の会社名に関連したニュースが日経電子版に掲載された際に、その記事を知らせてくれます。Biz ジョルテと連携させると、入力した企業とのアポイントなどの予定に関連する記事を表示してくれたり、取引先のニュースをチェックすることができます。日経人事ウォッチを使えば、取引先の人事に関する情報をチェックすることができます。有力企業7,000社以上のトップや役員、部長課長級の人事を幅広く管理しているので、企業や個人を登録しておけば人事に関するニュースを自動で収集し、知らせてくれます。日経人事ウォッチには別途料金がかかります。「もっと日経」を使えば、情報を手厚くチェックすることが可能です。このサービスの特徴はこの3点の特徴があります。日経電子版にはデメリットもあります。まとめると、この3つのデメリットがあります。次の章から説明していきます。日経電子版には「ダウンロード機能」があるのですが、朝刊を1度ダウンロードするときにはおよそ30MBほどのデータ容量を消費します。しかも、自動ダウンロードが「オン」になっていると紙面ビューアーで新聞を読み始めたときに自動的にダウンロードされるので、知らぬ間にどんどんデータ容量がなくなっていきます。そうすると速度制限に陥いるなどの事態になり、かなり不便になります。ただし、自動ダウンロードを「オフ」にしておけば勝手にダウンロードされることはないので、データ通信容量を気にする人は必ず設定しておきましょう。インターネット環境がないとアプリを開いても更新がされないので、記事を読むことができません。1度ダウンロードしておけばインターネット環境がなくても読むことはできますが、先ほどの章でも書いたように、朝刊1つあたり30MBほどのデータ容量を消費します。Wi-Fiに繋がるところでダウンロードする場合にはデータ容量を消費することはないので、ダウンロードはWi-Fi環境下で行いましょう。【月額¥3,700で55GB】ポケットワイファイの超優秀な端末を教えちゃう。スマートフォンやタブレットなどの液晶画面を見続けることで、目が疲れます。液晶画面発せられているブルーライトが原因です。ブルーライトカットメガネをかけたり、スマホやパソコンの機能を使ってブルーライトをカットする工夫をしましょう。日経新聞には「商品面」というページがあります。新聞でいうと中の方にあるのでなかなか目立たないのですが、「商品面」では石油価格や小麦の価格の上昇など、生活に密に関連する商品の値動きや在庫の様子などをいち早く知ることができます。フリーランスが読むならこの雑誌!ビジネス誌を6つ紹介します。今回は日経新聞をスマートフォンやタブレット、パソコンで読むことができる「日経電子版」について紹介してきました。いくつかのデメリットはありますが、それを補うだけの7つの特徴・メリットがあります。日経電子版は無料会員登録もできますが、無料の記事と、有料記事は1ヶ月10本までとかなり制限されています。有料会員になれば全ての記事を読めますし、「Myニュース」や電子版オリジナルコンテンツを全て利用することができます。情報収集は、特にビジネスパーソンには必要不可欠です。時代の流れを読み続けることが大事なので、常日頃から自分の業界に関する情報だけでもキャッチしておきたいもの。日経電子版なら自分の気になる情報だけをピックアップできるので、便利でおすすめです。まずは日経電子版で記事を読んでみてください。この記事が気に入ったら株式会社F.R.Will〒103-0025東京都中央区日本橋茅場町2-6-8 大湯ビル3F©Copyright2020