ストロボ エッジ 6巻 ネタバレ
ストロボエッジの最終巻10巻のあらすじネタバレをして行き、感想をまとめました♪ 咲坂伊緒先生の現在別マで連載中の漫画『思い思われふりふられ』もスマッシュヒットしていますが、前作の『アオハライド』、そして今回ネタバレする『ストロボエッジ』も大人気作品でした! ストロボエッジって最終回どうなったの? 面白い漫画や凄い作品を月刊誌・電子書籍問わずあらすじのネタバレ中!夢小説も始めました! しかも、ヤフーが運営しているのでYahoo! 目次ストロボエッジの最終巻10巻のあらすじネタバレをして行き、感想をまとめました♪咲坂伊緒先生の現在別マで連載中の漫画『思い思われふりふられ』もスマッシュヒットしていますが、前作の『アオハライド』、そして今回ネタバレする『ストロボエッジ』も大人気作品でした!などを詳しく書いて行きます。 蓮のことを想って蓮の席に座ってつっぷしていた仁菜子は、教室に入って来た蓮に追いかけられ「何で俺の席に座ってたの?」と壁ドンしながら聞かれます。蓮も仁菜子の気持ちが自分にあるということを知って居ても立ってもいられず、仁菜子に強引に詰め寄ります。しかし、仁菜子は自分の気持ちを抑えていることにいっぱいいっぱいで、つい強めに「私にだっていろいろある!」と言い蓮を拒絶してしまいます。蓮は謝って帰って行きましたが、蓮に謝らせてしまった仁菜子は心が痛くなります。次の日、学校に来た安藤は仁菜子がもう蓮の彼女と勘違いしていましたが、二人の様子を見て仁菜子が蓮と付き合うことを選ばなかったことを知ります。そこで、安藤は放課後、仁菜子の背中を押すためにわざとヒール役(悪役)になり「俺に気遣って蓮と付き合わなかったんなら、俺と付き合いなよ」と仁菜子に言って無理やりキスしました。しかし、仁菜子は安藤がわざとヒール役をしてくれたことに気づき、自分の本音を話します。仁菜子は「自分だけ悪者になりたくなかった」と安藤に話して、誰も傷つけないイイコキャラはやめて自分の気持ちに正直になることにします。安藤には「嫌な役回りさせてごめんね」と泣いて言い、仁菜子は安藤からの「走ればきっと蓮に間に合う」という言葉に背中を押され駅まで走り出します!同じ時、蓮も、仁菜子の気持ちをちゃんと聞かなければと思い立って乗りかかった電車から急いで降ります。そこで仁菜子も駅のホームに到着し、仁菜子は降りて来た蓮を向かい合います。蓮に仁菜子は「次の日の朝、学校では仁菜子がクラス全員に聞こえるように、友達に蓮との告白シーンを詳しく教えていました(笑)。 ストロボエッジ、かなり青春の甘酸っぱさ詰まった漫画ししたよね!私的にちょっと見ていて照れたシーンはですかね。照れたというより、なんか咲坂伊緒先生は『ストロボエッジ』に関しては結構青春押しし過ぎてダサいシーン(↑の3シーンとか)が多かったですが、『アオハライド』や『思い思われふりふられ』はほぼなかったです。やはり『ストロボエッジ』はちょっと気合入れ過ぎたというか、まだ”自然感”を出す余裕がなかったのか…?しかし、良いシーンもかなりありましたね!!特に私が好きだったシーンは、蓮と学校の猫(ブチョウ?)とのんびり話すシーンでした。あのシーンは、猫もいるだけあってか仁菜子のホワホワ感と蓮の実はボーッとしてる感が見事にマッチしていました。 最終回が掲載されたストロボエッジの10巻では、一つ目が 三好学、通称ガッチャンは明るいキャラで「悩みない」と周りから思われいます。しかし。そう周りから言われている時にボソッと「悩みのない人なんていないのにね」と先輩に言われます。その先輩は一つ学年が上で誰でも知っている高身長美人でした。名前は律子。ガッチャンは律子先輩が、普段とは違う柔らかな表情と雰囲気で学校にいた野良猫に話しかけているのを見て、完全に恋に落ちてしまいます。しかし、律子先輩はクールな見た目同様に男に対して求めるものもとても高く、ガッチャンと正反対の”長身、年上、リッチ”がタイプだとガッチャンに言います。それでも、ガッチャンは全然そんなこと気にせず律子先輩にアタックします!ガッチャンが律子先輩にアタックしていると、律子先輩は「けっこう冷たくしてるのにな」とガッチャンに言います。それにガッチャンは「律子先輩の優しいところに、付け込んでるんだよ」とイタズラっこのように笑います。それを見ると、律子先輩は思わず赤くなりました。律子先輩はクールではない素の自分(実は優しい)を、ガッチャンには見透かされていると思ったのでしょう。そして、ガッチャンが「タイプなんか俺が超えてやる」と律子先輩に言うと、律子先輩は赤くなりつつちょっと怒ったような雰囲気を出して帰って行きます。ガッチャンは『失敗した』と思いますが、律子先輩はガッチャンの真剣な想いにちょっと揺れたようです!ガッチャンは律子先輩を振り向かせるために、バイト先のお店でやるクリスマスパーティーに律子先輩を誘います。律子先輩はいつも通り冷たく「行かない」と言いますが、ガッチャンが「来るまでずっと待ってる!」と言うと、パーティーが御開きになった後にガッチャンのところへ来てくれます。律子先輩は「結論から言うと、三好くんとは付き合えない」と言いますが、その理由は「春から留学するから」というもので、むしろ、律子先輩はガッチャンに振り向いていて、ガッチャンが自分にしてくれたことを「ありがとう」とガッチャンに感謝しました。ガッチャンは律子先輩にキスをして、二人はお別れしました。このままがっちゃんは律子先輩と付き合わずに別れましたが、ガッチャンは律子先輩と付き合っていて、夏休みかなんかにバイトで貯めたお金で先輩に会いに行くという描写が『ストロボエッジ』本編にありました!『ストロボエッジ』作者の咲坂伊緒先生も「ガッチャンと先輩には幸せになって欲しい」と番外編の後のページに書いてあったので、ガッチャンと先輩は結婚までするんじゃないかなー♪と私は思いました。 仁菜子は蓮と鎌倉へ初デートに行くことになります!!安藤とキスしたことを蓮に知られてもあまり気にされない仁菜子は、仁菜子の方が片思い期間が長いから”好き”という想いが蓮よりも大きいことは仕方がないと思います。しかし、蓮がデートの時に服を「かわいい」とか言ってくれなかったり(仁菜子は私服ドキドキすると思ってるのに!)、蓮にちゃんと甘えられなかったり、最後には蓮に帰りの話をされたり、と色々なことがあって仁菜子は悲しくなってしまいます。そして、帰ろうとする蓮に仁菜子は「まだ帰りたくない」とわがままを言い「私ばっかり好きでごめん」と蓮に話します。仁菜子にそう言われると、蓮は座って仁菜子とちゃんと喋ろうとしてくれます。まず、蓮は帰りたがっていたのではなく、帰るふりをして景色の綺麗な場所にサプライズで仁菜子を連れて行こうとしていました。また、安藤のことも本当は「むかつく」と思っていることも話してくれて、「他の奴が木下さんに触るなんてムカつくよ」と照れながらもしっかりと仁菜子の目を見て教えてくれました。蓮がどれだけ自分のことを好きでいてくれるのかわかった仁菜子は、安心して蓮に長くくっついていましたが、蓮は仁菜子にくっつかれるとドキドキして『これ以上は色々とやばいんだけど…』と心の中で思いましたが仁菜子には言えませんでした(笑)。帰り際に「夏の夜の匂いだ」とクンクン空気を嗅ぐ仁菜子を見て、蓮は『同じこと思ってた』と思い笑っていました♪ ストロボエッジ最終巻の10巻には、安藤が主人公で『蓮とまた同じ学校かよ…』というボーナストラックも収録されています!3ページしかないですが、蓮と安藤の友情を垣間見れるストーリーとなっています☆安藤は蓮と同じ学校で憂うつに感じていたのですが、蓮はまた安藤と同じ学校で嬉しく思っている、という感じです。もちろん、蓮が”嬉しい”と思っているとわかったのは、蓮が言葉で言ったからではなく、右の口角が不自然に上がる仕草をしたからですが(笑)。 漫画『ストロボエッジ』は1巻から最新刊まで電子書籍ですぐに試し読みできます。という方は、本当に電子書籍は便利ですよ。しかも、携帯でいつでも読めちゃうので、電車の中やカフェ、人を待っている時なんかにも暇を潰せてGOODです!私も利用している  !IDがあれば、すぐに利用することができちゃいます。\フォローお願いします/ショートケーキケーキ6巻のネタバレ&感想!森下suu☆漫画電子書籍試し読みもこちら♪私の少年4巻14話のネタバレあらすじ&感想!結末も!最新刊発売日と無料試し読み☆高野ひと深このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。Copyright© ストロボエッジの実写映画化が嬉しい! 特に福士蒼汰さん演じる蓮くんが楽しみ(//∇//) ストロボエッジの漫画を予習すべく あらすじとネタバレ6巻分を まとめていきますねヽ(´ `)/ ストロボエッジ6巻は蓮くんと安堂の友情です♪ スポンサードリンク こんにちは、 みぽる です! 『ストロボエッジ10巻』 を読んでレビュー書いてみました♪ ストロボエッジ10巻ネタバレ.