ピーターパン 童話 あらすじ

福娘童話集 > きょうの世界昔話 > 5月の世界昔話 > ピーター・パン 5月1日の世界の昔話 ピーター・パン バリの童話 ※本作品は、読者からの投稿作品です。 投稿希望は、メールをお送りください。連絡先 少年・ピーターパンが、ネバーランドで冒険を繰り広げる物語「ピーターパン」。実は、ピーターパンは、本当は恐ろしい少年だということをご存じだろうか? ピーターパンの仲間にはどうして「子供しかいない」のか。その一説がとても恐ろしい…!

バリー¥788Amazon.co.jpJ・M・バリー(石井桃子訳)『ピーター・パンとウェンディ… ‚²[‚¢Iv @‚»‚ñ‚ȃEƒFƒ“ƒfƒB[‚½‚¿‚ɁAƒs[ƒ^[‚Í–¾‚é‚­Žè‚ð‚Ó‚é‚ƁA‚¨‚µ‚Ü‚¢ ピーター・パンとウェンディ (福音館文庫 古典童話)/J.M. ピーターパンって原作はどんな内容だったんでしょうか? ... 原作の小説と、ディズニーの映画ではあらすじの違い... 更新日時:2016/02/12 回答数:4 閲覧数:2364; ... 童話ピーターパンについて。 バリー『ピーター・パンとウェンディ』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約28件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 j.m. 雑学を検索! 日本最大級のトリビアサイト 雑学カンパニー編集部雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。 大人にならない少年・ピーターパンが、ネバーランドを舞台に冒険を繰り広げる物語しかし…ピーターパンは現在のそのイメージと裏腹に、実はネバーランドに住んでいる子どもたちは歳を取らない。これって冷静に考えたらちょっと変だよね…? 単に「おとぎ話だから」と片付けることもできるが、ネバーランドの住人が大人にならない理由には、永遠の少年・ピーターパンがピーターパンが暮らすネバーランドには子どもしか住んでいない。童話ではこの理由に関して、まるで成長が止まってしまうかのような描写がされているが、原作ではちょっと事情が変わってくる。なんと…子どもたちが大人になってしまうと、ピーターパンは…ただの精神異常者じゃねえか…と、なるところだが、これはやっぱり都市伝説で、ピーターパンの原作は、イギリスの作家ジェームズ・マシュー・バリーが1911年に発表した小説…という趣旨の文章が登場するのだ。"間引く"は、邪魔なものを排除するという意味だが、転じて"しかしちゃんと読めば日本人は文章に関して深読みしがちな民族だが、英語の表現は基本的にストレート。こういったギャップから、誤解の生れる表現に翻訳されてしまうことは珍しくないのだ。まあ、解釈の問題というだけでこの翻訳も間違っているわけではないし、真意は知りようもないのだが…。スポンサーリンク そもそもピーターパンはなぜ、子どもだけで暮らしているのか。これは彼が大人に対してトラウマをもっているからだということが、原作で明らかになっている。母親に対する考え方に関して、ピーターパンとウェンディの意見が食い違う場面があるのだ。ウェンディは母親のことを大切に思っていたが、ピーターパンはそうではない。彼はある種、まず、ピーターパンが親元を離れた理由は、生まれたその日に両親が彼の将来の話をしており、その内容に嫌気がさして「大人になんかなりたくない」と家を飛び出してしまったからである。というか生まれたその日に両親の会話を理解できる時点でツッコミどころ満載だ。殺人鬼じゃなくても十分怖い。…という問題は置いといて。ともあれ、ピーターパンはそこから家に戻ろうとしたこともあった。問題は戻ったときに直面した出来事だったのだ。なんと…この経緯については、作者が1902年に発表した『小さな白い鳥』のなかでも触れられている。こちらは生後1週間でこういったことから私としては新しい子どもを大切にしているからといって、帰ってこないピーターパンを心配していないことにはならないと感じるのだが…。幼心には複雑なものがあったのだろうな…。ピーターパンが大人を嫌っている描写は、作中でたびたび登場する。印象深いのは第11章で"誰かが息をするたび大人が1人死ぬ"というネバーランドの伝承に基づき、ピーターパンが激しく息をする場面だ。その部分では…という、明らかに憎悪の念を感じさせる表現がされている。これは…殺人鬼と勘違いされても無理はないんじゃ…。このほかにも以下のような、頑なに大人を嫌う描写が出てくるぞ。「大人になんかなりたくない」というピーターパンの心理はものすごく理解できる。仕事なんてせずにずっと遊んでいられたらそりゃあ楽だし、社会問題になったニートという言葉だって、そういう考え方をする大人が増えたことの象徴だ。1983年にはアメリカの心理学者ダン・カイリーも、この大人になり切れない大人の心理状態を"ピーターパン症候群"と名付けて提唱している。ただ…大人になりたくないと思ったとしても、実際に大人にならないことなんてできるはずもない。これはあくまで私の解釈だが、物語においてピーターパンには、子どもたちの夢のなかにやってくるという設定がある。ウェンディたちの夢にもたびたびやってきており、ある日、兄妹でも年長のウェンディにネバーランドの母親役をしてほしいという話の流れで、彼女は連れ出されることになるのだ。これはウェンディやその弟たちは、大人になりたくない気持ちから、ピーターパンの夢を見るようになった。しかし最後はロンドンの自宅に戻り、大人になったウェンディ。彼女に対してピーターパンは激怒するが、ウェンディは「私はもうネバーランドには行けないの」と言う。これはピーターパンは子どもたちに子どもだけの世界と聞くと、遊びにあふれた楽しい生活が思い浮かぶ。しかし、ネバーランドは決して楽しいことばかりの世界ではない。ピーターパンには、宿敵フック船長の右腕を切り落としたという設定があるが、彼が子どもであることを考えると、それもなかなかにおっかない…。また妖精のティンカーベルはピーターパンが好きすぎてウェンディに焼きもちを焼き、これもまた、ピーターパンが本当は殺人鬼だという雑学は、曖昧な書かれ方がされている以上、ほんとのことはわからない。しかし子どもたちを殺しているなら、"殺した"という直接的な言葉が出てこないのはやっぱり不自然である。とはいえ続きを見るいま読まれている記事雑学カンパニー編集部雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。 「ピーター、お帰りなさい。・・・あれ、この人は、だあれ?」 子どもたちがかけ寄ると、ピーターはいいました。 「ウェンディーだよ。ぼくたちのお母さんになってくれるんだ」 ピーターの家は、地面の … アンデルセン童話やイソップ物語、グリム童話等の童話・日本昔話等の昔話、劇向けのお話やパネルシアターのお話検索サイトです。気になるお話が収録された商品も一覧で表示!「今年の劇は何をやろう?」、「 が収録された商品がほしい!」そんなときには、是非ご利用ください!