ホームページ 拡散 方法

更に、検索ボリュームが多ければ、その分アクセス数を増やす事ができる。だから、キーワードは競合性が低く、検索ボリュームの多いものを選ぼう。 「いいね!」ボタンを押すと、最新の記事情報がFacebookに届きます。

メールマガジンはもう古いとの意見もあるが、読者を数千、数万と獲得できれば、強力なアクセスUPツールとなる。メールマガジンに「ブログを更新しました」や「読者限定のセールを開催します」などと、リンクを貼って、サイトやブログへ誘導しよう。 今回は簡単にアクセス数をUPする方法をご紹介する。 ソーシャルボタンを設置し、ユーザーに拡散してもらおう. サイトとブログにソーシャルボタンを設置しておくと、拡散してくれるユーザーがいる。そして、拡散されたリンク経由でサイトやブログへ訪問してくるユーザーを獲得できる。 次の3つがポイントとなる。

htmlタグの中で、特にtitleタグとh1タグは検索エンジンが重みを置いている重要なタグだ。狙ったキーワードで検索エンジンにヒットさせるために、上記1.の方法で選んだキーワードをtitleタグとh1タグには必ず含めよう。 「フォローする」ボタンを押すと、最新の記事情報がTwitterに届きます。

31文字以内のタイトルにしておけば、その他のSNSや検索エンジンの検索結果でも、タイトルが途中で省略されるなどの事がなくなる。例えば、「はてブ」の人気エントリーページに掲載された場合、表示されるタイトルの文字数は31文字までだ。32文字以降は「・・・」と省略されてしまう。 今やビジネスブログは、アクセスUPに必須のツールだ。ブログと言っても、日記のような徒然ブログではない。ユーザーにとって価値のある情報を提供するブログだ。ターゲットを明確にして、ブログのテーマを決め、ターゲットが困っていたり探している情報を発信しよう。 是非、貴社のWEBサイトの診断にご活用下さい。 1位(15.08%)2位(10.26%)3位(7.32%)・・・10位(1.84%)

例えば、このブログは、ホームページ制作会社のサイト内に設置してあるビジネスブログだ。ホームページ制作会社なので、ウェブ集客のノウハウや情報が豊富にある。だから、ブログ全体のテーマはウェブ集客にしている。ターゲットは、ウェブの集客に困っていたり、ウェブ集客のノウハウや情報を探しているユーザーだ。そして、ターゲットユーザーがどんな情報を探しているかを調査して、記事を投稿している。 ウィルゲートでは、SEOを中心にサイトの集客改善をお手伝いしております。webマーケティングで実績のあるウィルゲートが運営する「プロモニスタ」では、webマーケティングご担当者向けの最新情報を随時お届けしています。是非ご登録ください。

今回、ビジネスブログの活用をご紹介した。ブログ記事を作成する時に大切なのが、コンテンツの質だ。ユーザーのニーズに一致するコンテンツの作成を心がけよう。 ユーザーのニーズにマッチした情報を発信できれば、ブログ記事にユーザーが集まってくる。そのユーザーを商品ページなどへ誘導すれば良いのだ。 これから新たにサイトやページを作る場合には慎重にキーワードを選ぼう。また、既存のページについても、キーワードを見直すだけで、検索ボリュームの多いキーワードでの上位表示も可能だ。

コンテンツマーケティングの初期段階では、「拡散」できないという課題を抱えがち。コンテンツの作り手の仕事は作ることではなく、目次拡散方法としてはもはや主流ですが、SNSを運用することはとても大切です。なかなか運用に工数をさけない場合であったとしても、せめて更新情報の配信だけは行いましょう。また、企業の形態によって使うべきSNSが異なるため、できるだけ幅広い運用が必要です。SNS運用では、ただし、更新情報を配信することに比べると運用工数はかさみます。どの程度運用に注力するかは、コンテンツマーケティングで得たい成果から逆算して考えると良いでしょう。あまりに費用対効果が合わない場合は、「SNS運用を行わない」という戦略も十分効果的なのです。特に、また、「コンテンツ レコメンデーション」も有効な手段の一つです。コンテンツ レコメンデーションとは、他メディアの記事関連リンクの部分に、自社のコンテンツを表示させることでアクセスを増やす広告です。これにより、膨大なPVを誇るニュースサイトなどにあなたのサイトのコンテンツを表示させることができます。媒体のターゲットと自社のターゲットが似ている場合は、見込み度合いが高いユーザーを獲得できるでしょう。これは多くの人にとって現実的な手段にはなりにくいかもしれませんが、社内や友人に業界への影響力がある人がいるなら、拡散に協力してもらうといいでしょう。また、最近では企業の担当者がDMをインフルエンサーに送り仕事を依頼することも増えてきています。その際は「まずはご挨拶をかねて一度お会いできませんか」というステップを踏むよりも、「依頼内容、〆切、報酬金額」をきちっと記載したメッセージを送る方が成約率は高いです。プレスリリース配信サービスや、各メディアのプレスリリース受付用メールアドレスなどにコンテンツを配信することも有効です。記事の内容によっては大手メディアに取り上げられ、トラフィックバックが得られたり、取材依頼につながることもあります。プレスリリース向けにコンテンツの体裁を整える必要がありますが、可能な限り取り入れたい手法ですね。▼調査系コンテンツはプレスリリースに最適近しい業界のメディアに寄稿を行うことも効果的な手法です。トラフィックを得られる以外にも、業界内での認知度を高めたり、その媒体の読者に自社媒体を見てもらえるようになるなどのメリットがあります。ターゲット層が近く、寄稿を受け付けているメディアがあれば打診してみてもいいでしょう。▼当ブログの例:ビジネスパーソン向けのブログメディアへの寄稿以上、コンテンツ拡散の基礎5つをご紹介しました。インハウスで行ってノウハウを蓄積していくのか、アウトソースするのか。現実的な方法を考え、よりたくさんのユーザーを自社メディアに呼び込みましょう。 お問い合わせ 検索結果の上位に表示されても、ユーザーにとって魅力的なタイトルでないとクリック率は低くなる。だから、タイトルは魅力的なものにしよう。クリックされ易いタイトルにするためのポイントは次の3つだ。

ちなみに、ブログ記事を作成する時は、上記1.~3.の方法は必須なので忘れないようにしよう。 7. このツールを使えば、Googleが公開している「

(C)Just-Web All Rights Reserved あなたのWEBサイトに問題がないかチェックしてみませんか? ちなみに、ユーザーがどんな情報を探しているかは、 そんなユーザーをサイトやブログのリピーターにするのが、RSSだ。RSSを配信すれば、ブログの更新情報などがユーザーに届くため、それを見たユーザーがサイトやブログを訪れてくれる可能性が格段に高まる。 あなたやあなたのブログの熱心なファンは、定期的にサイトやブログをチェックしてくれるかもしれない。しかし、そうではないユーザーも存在する。 ユーザーが探していそうな情報のうち、上記1.の方法で紹介したように、競合性が低く、検索ボリュームの多いキーワードを選び、そのキーワードをテーマにブログ記事を作成しよう。上記の例では、赤で色づけしたキーワードがそれに該当する。競合性が低く、検索ボリュームの多いキーワードを選べば、検索上位表示が可能となる。 ちなみに、ブログ記事を作成する時は、上記1.~3.の方法は必須なので忘れないようにしよう。 SEO in Philadelphiaの調査では、検索順位とクリック率の関係は次のようになっている。 お勧めのソーシャルボタンは、利用ユーザー数が多く拡散のスピードが速い「facebook」と「Twitter」、今後が注目される「Google+」、後から記事をじっくり読んでくれる「はてなブックマーク」だ。 参考として、この記事のタイトルの例を以下に示す。 -ウェブ集客情報ブログ- 詳細は後で紹介するが、アクセスUPのためにSNSを活用する。その際、タイトルの文字数は31文字がベストだ。例えば、「twitter」でtweetする場合、タイトルが31文字だと途中で折り返されず、タイトルが見易くなる(下図)。 つまり、検索順位が高ければ、クリック率は高くなり、アクセス増に繋がる。競合性の低いキーワードの方が検索上位を狙い易い。

上記の3つが重要なポイントだという事を認識した上で、以下でご紹介する方法について読み進めて頂きたい。