将棋 戦法 流行
スポンサーリンクスポンサーリンク図書館より詳しい「将棋ブログ」を目指して日々更新中。ShogiLoungeさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか? 後手が対抗策を見いだせず、横歩取りを回避して2手目に△8四歩と突く 3. 角換わりが増えた 2. (将棋世界Special)。アマゾンならポイント還元本が多数。将棋世界編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また将棋戦法事典100+ 王道 流行 珍戦法 完全網羅! 角換わりを拒否した雁木も 3. 2018年、藤井聡太の活躍やタイトル戦に若手棋士が台頭するなど今年の将棋界も大いに盛り上がりました。今年もあとわずか、2018年に流行った戦法を紹介したいと思います。相居飛車の将棋の中では採用率が高く一番人気の戦法といっていいでしょう。プロでは二手目8四歩に対してほとんどが角換わりを選択しています。また近年4八金2九飛型が先手後手問わず大流行しています。特に後手番ではほぼ100パーセントの確率でこの構えですこの局面後手の指し手が広く、1、千日手を目指す△5二玉~4二玉や△6三銀~5四銀の繰り返し。2、△6五歩からの先攻3、△4四歩や△3一玉の自然な進行など後手番ながらやれる変化が多いことや研究しやすいことから今後も根強く指され続けると思います。 お互いが矢倉にがっちり組む相矢倉はほとんど見なくなり、急戦調の矢倉と雁木がほとんどでした。上図のように矢倉を目指す先手に対し、△7三桂とすぐに飛ぶのが特徴で△6五桂からの速攻を隙あらば狙っています。現在の矢倉は先手の受けVS後手の速攻の図式がほとんどです。 流行当初は先手矢倉に対し、後手が雁木に構える形がよく指されていて勝率も高かったのです。先手も工夫を凝らし、相雁木など後手雁木に対抗していましたが下図の形が指され始めて後手雁木への決定版の対策とされています。▲4八玉▲5八金の陣形から早繰り銀の速攻を目指すのが急所です。ここから▲3五歩と攻める手や▲7八銀から左美濃にする手など、どれも先手が主導権を握る展開で後手は避けるようになりました。横歩取りの局数が激減。先手の青野流が強力なことから後手番でもやれる角換わりなどほかの戦型に流れているように思われます。相居飛車系の将棋では矢倉や横歩取りの陰に隠れがちでしたが、矢倉が指されなくなり、先手が容易に悪くなる変化が少ないことから相掛かりも多く指されるようになりました。また新しい思想により従来の相掛かりとは違う作戦が多くみられるようになりました。また力戦調の相掛かりも健在で様々な作戦が入り混じっている印象です。 従来の将棋は飛車先交換が常識でしたが、今では大きく変わっています。現在の飛車先交換をする時は相手の陣形を見て決める場合が多く横歩を取る変化などを残し、飛車先交換はギリギリまで保留する形が多いです。 ▲6八玉▲3八銀の低い陣形から▲3七桂と跳ねる形が相掛かりで多く見られます。先攻を取れることから先手の採用率が高く流行しています。 佐藤慎一が 上図から▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲7四飛と7四歩を取らせる作戦。山崎隆之など一部の力戦党に好んで指されている形で歩得VS手得の勝負になります。後手番のゴキゲン中飛車の採用率は低いですが、初手▲5六歩から始まる先手中飛車は決定版の対策がいまのところなく、中飛車側をもって十分戦えることから根強く指されている印象です。穴熊に組ませる将棋がじわじわと増加傾向にあります。特に端攻めがキーポイントになる将棋が多く、振り飛車が工夫し中盤に端攻めをうまく絡めて快勝する将棋が多く見られました。後手は△6四歩を保留することで▲6五歩からの決戦策を緩和している。このように四間飛車側は様々な工夫を凝らし穴熊相手に互角に戦える。従来は藤井システムに対する作戦として流行しましたが、近年トマホークなどに代表される穴熊を狙い撃ちする強襲策に居飛車側が苦戦しており、安全に組めること、端攻めをされず逆に振り飛車穴熊に対して端攻めを行える点など、ほどほどの固さと攻撃力も備えており新たな振り飛車対策として注目されています。石田流よりも通常の三間飛車が根強く指されている印象。振り飛車党御三家と呼ばれる鈴木大介や久保利明などが7八飛戦法を連採しています。利点は定跡で嵌められる心配もなく、穴熊にも組まれづらいことなど、優秀で新たな振り飛車のエース戦法として期待できます。また従来は▲7八飛△8四歩▲7六歩△8五歩▲7七角△3四歩で▲6六歩と指されていましたが、それよりも下図の指し方が優秀です▲6六歩と止めるのではなく▲6八銀が形を決めないプロ好みな手です。ここで△7七角成からの攻めは▲同桂△8六歩▲同歩△同飛に▲6五桂の攻めで大丈夫です。以下は駒組みになりますが、相手の形によって▲6六歩と止める通常の三間飛車と角交換振り飛車の好きなほうを選択できる戦法です。 流行った戦法だけでなく印象に残った戦法も載せました。後手番での戦法が進化しており、先手番が苦労している将棋が多い印象があります。特に現代将棋では先に攻める、主導権をいかに握るかが焦点のように感じます。戦法の進化も著しく、来年の将棋界もとても楽しみです。 将棋にある戦法の流行について気になるあなたへ。 本記事ではこんな内容を用意しています。 戦法に流行があるのか? あるなら最近の流行の戦法は何? 7年の経験談から次に流行しそうな戦法を考察 本記事を理解して頂ければ コンピュータ将棋選手権での戦法の流行は 1. 将棋にある戦法の流行について気になるあなたへ。 本記事ではこんな内容を用意しています。 本記事を理解して頂ければこの様な事をあなたの頭に情報として落とし込むことが出来ますよ。 ですが、私の情報を信じがたいという方も居るかもしれませんね。。。(残念・・) ですので簡単にですが、本記事の信憑性を高める情報を少し記載させてください。  まぁ、こんな感じですかね。前置きはこのくらいにしておきます。 では、将棋にある戦法の流行について情報を公開させて頂きます。 どうぞ。。。  2017年頃に歴史を変える様な事があったと思っています。 それは、将棋の戦法に そして、特にその流行の影響をもろに受けたのが2018年~2019年前半頃です。 色々な戦法が流行として現れた印象があります。 私は、2017年頃に、  と感じました。特に、プロ棋士の対局では本当に同じような展開になることが多くて、何となくでも先の手が読めるようになっていたんですよね・・ そんな中、特に流行したと感じるたった1つの戦法があります。 なぜこの様に感じたのか。。。です。 先程もお伝えしました通り、特に2018年頃に最も現れた様な印象があります。 そこで、私は考えました。  ですので、私は当時は必死に勉強した経験があります。 では、一体どんな戦法なのでしょうか?具体的な戦法を紹介しますね。  将棋界で最近流行の戦法が1つあります。(間違いなく最も流行したのではないかと感じています。) ・それは、 そして、2018年を中心とする、2017年~2019年が特にピークだった印象があります。 では、なぜ、2018年を中心に、この角交換戦法が流行したと感じるのか。 もちろん、明確な理由があります。 ですので、まずはその理由を公開していきましょう。。。 結論から申します。なぜ、角交換戦法が流行したと言えるのか?  ですね。 例えば、、最近メッシが新たなサッカーの練習方法を見つけたらしいよ。そうなの?どんな練習がめっちゃ気になる!そうだよね!私もめっちゃ気になる!一緒に調べてみない?調べる!メッシみたいになれるかも知れないしね! こんな事があったとしましょう。(これは極端な例ですが。。) やはり、メッシが新たた練習方法を見つけたら気になるという方は多いですよね。 だって、サッカー界のスーパースターで、ボールを蹴るプロですから。 そうすると、同じ様な練習をしようとする人が増加しても何も不思議ではありませんし、何ならめっちゃ納得しますもん。 そして、今の例を今回のケースに当てはめてみましょう。  この様に考えたという方が非常に多いのではないかと私は考えています。 つまり、プロ棋士が実際に採用していると言う現実に多くの方が興味を示し、更には、自分に落とし込もうと思ったのではないでしょうか? そう考えると、2018年中心プロの公式戦で登場回数が増加したからした事にも納得がいきます。 だからこそ、角交換戦法が流行した理由になのではないかと判断出来る訳ですね。 角交換戦法が流行したのには当然ながら理由があります。 先程はプロ棋士同士の対局で採用率が上昇したからという点についてお伝えしました。 とはいえ、私は他にももう1つ理由があるのではないかと考えて居ます。 もちろん、プロ棋士での対局という観点からの理由はあります。 ですが、それだけではないですね。。。。 結論からお伝えします ・AI(コンピューター)での評価が高まったから です。 ここ、最近はAIでの対局が注目されており、実際にも、プロの棋士がAIが指す手に着目しています。 そして、私も自分の実力を上げる為にAIが指す手は参考にさせて頂いている部分がありますね。 AIが指す手は人間が指せる手とは少々違う部分があるのでそれらを吸収することで、徐々に自分の棋力が上昇していると実感できるんですよ。 更には、AIでの評価が高まったので多くの方がAI上でこの角換り戦法に触れる事が多くなったのではないかと私は考えています。 少なくとも、私の場合はここ最近は特に角換り戦法をコンピューター上で見かける様になったと感じています。 そして、角換り戦法にもいくつか種類があります。その中でも私が特に見かける事が多いと感じる戦法は・・ ・角交換振り飛車戦法 ですかね。 まぁ、本当によく見かけます。あまりにも見かけすぎて弱点を知りたくなり自分で色々調べていた経験もありますからね。 そして、実際に調べて見て判明した事があります。 ・角交換振り飛車戦法⇒4つのコツがある という事です。 勿論、その4つのコツはしっかり分りやすく紹介させて頂きたいと思っています。 そして、後ほど詳しく説明為ますが、プロ棋士監修済みなんですよ。 ですので、もし良かったら参考にしてみてください。  今回紹介する4つのコツについてなんですが、私は非常に信憑性が高い情報なのではないかと考えて居ます。 理由は、プロ棋士の高野秀行六段が監修済みだからです。 そして、その記事を見てみて私が感じた事は大きく2つあります。 ・説明が分りやすい・素人とは観点ちがう と言う事です。 詳細は以下に引用元を記載しているのでそちらを参照してみてください。 特に、将棋初心者の方は非常に為になるのではないかと思いますよ。 焦らず、ゆっくり攻める。大流行中の「角交換型振り飛車」のポイントをご紹介!【はじめての戦法入門-第17回】引用元:https://www.shogi.or.jp/column/2018/05/-17.html コツ①8八飛車コツ②7五で位の奪取コツ③6六銀⇒8六歩⇒7七桂で局面整備コツ④8五歩から飛車交換 以上の4つです。 まぁ、百聞は一見にしかずということで。。 それぞれの項目において簡単に説明させて頂きたいと思います。 8八飛車が重要だと考える理由は1つです。 ・相手に桂馬を使わせない様にする為 という理由があります。 私は過去に、こんな経験があります。 ・角交換したから7七(3三)の地点が弱点になりそうだなぁ。・まぁ、でも対策方法も分らないし、放置しておこう。・7七(3三)の地点を拠点めっちゃ攻められるやん。 この頃は本当に負けることが多かった様に感じています。 そして、それらの対局を振り返っている中である事に気付きました。 それは。。。 ・いつも桂馬を活用されいた という事です。 私の体感ですが角交換戦法を採用して負けていた対局の70%以上は桂馬を活用されていたのではないかと感じています。 ですので、どしても対策案が知りたかったという現実があるんですよね。。。 ですが、この8八飛車というコツを知ってからは一気に桂馬を活用される事が減少したと思います。 それは、実際に採用してみて私自身が感じた事でもあるので間違いないと実感しています。 あらかじめ、飛車を8筋に回らせておく事で、飛んでく可能性がある桂馬に対して牽制する役割があるんですよ。 だからこそ、8八飛車が1つのコツだと言える訳ですね。 7五歩で位を奪取する理由は1つです。 ・桂馬の活用を牽制するため です。 実は、私の中ではコツ①とコツ②では非常に似た役割があるのではないかと考えています。  この様に考える方も居るでしょう。  コツ①、コツ②、どちらの場合でも桂馬を牽制する役割を担っていると私は考えています。 ですので、どちらも重要なんですよ。  ここで局面を整備する事は非常に重要だと考えています。 理由は、 ・手持ちの角行を打ち込ませない様にするため です。 しっかり局面を整備する事で相手に角行を打ち込む箇所を防ぐ事が可能です。  やはり序盤で角行を自陣に打ち込まれると一気に形勢が悪くなってしまいます。 最悪の場合、そこから角行に成こまれたりしたら、更に形勢は悪くなってしまいますよね? ですので、それだけは絶対に避けるべきなのではないかと思っています。 (私の体験談では、序盤で大駒に活躍されると勝率は一気に減少すると感じます。) ですので、しっかり局面を整備する事は重要なのではないでしょうか?  ここでは、たった1つだけ重要な事があります。 ・香車や桂馬などの小駒を活用しておく ということです。 特に、桂馬はしっかり活用しておいた方が良いと考えています。 もちろんですが、理由があります。 それは、。。。 ・小駒を相手の戦力にさせないため だからです。 将棋においてどんな戦法を活用するにしても基本的には自分の駒は相手に渡したくないと思うのが一般的ですよね。 ですので、極力相手に自分の駒は渡さない様にするべきです。 ここまででは、将棋で最近流行している戦法として角交換戦法を紹介してきました。 とはいえ、他のも2つあるのではないかと私は考えています。↓①横歩取り戦法②雁木戦法(囲い) この2つですね。 まぁ、それぞれ簡単に紹介・解説指せて頂きます。(気になる方も居るでしょうから・・・) 近年、横歩取り戦法は角交換戦法の次に将棋の戦法としては流行したのではないかと感じています。 そんな中で、攻撃的な思考の方は特に、この横歩取り戦法を採用していた様な印象が強く残っています。   次に流行したと感じる将棋の戦法は雁木戦法(囲い)ですね。 先にお伝え為ときます。 ・雁木は囲いのことで、戦法ではない まぁ、特に明確な差はありません。 ただ、私は、戦法と囲いは別物であると考えています。 (ここではあえて、同類として前提を置かせてもらいます。。。) 雁木戦法(囲い)も角交換戦法ほどではないですが、本当によく見かけて居た気がします。 少なくとも、以前までと比較すると明らかに出現率は上昇したと思いますよ。 結論から申します。 次に、流行となる将棋の戦法は・・・ ・鬼ごろし戦法 だと私は考えています。⇒当然ですが、理由はありますよ。  と、思っている方も居ると思います。ですので、すぐに商科居させて頂きますね。 理由は簡単です。 理由⇒まだまだ、改善の余地がある戦法だから 具体的には、 この鬼ごろし戦法はこれからどこかのタイミングで流行するのではないかと考えています。 ですので、参照してみてください。 今回は、将棋の戦法で流行という観点から紹介させて頂きました。 要点だけをもう一度整理しときますね。 ・将棋の戦法には流行があります。・最近、特に流行なのは角換り戦法だと思う。・それなりの理由も勿論あります。・そして、次に流行の来る戦法は鬼殺し戦法だと思う。 とまぁ、こんな感じですかね。 将棋の戦法には流行があると思うので、あなたも少しでも良いので、将棋の戦法に敏感になってみてください。 私は少し敏感になってから、意外に楽しいですよ笑 No related posts.将棋を敬愛して7年になる22歳の大学生で、ブログやSNSを中心に将棋に関する情報を発信しています。普段は友人とBBQやドライブを楽しんでいます。朝6時の毎日更新を目指しています。通勤・通学のお供にどうぞ。