相撲 引退 横綱

稀勢の里 寛 (きせのさと ゆたか) 所属部屋 田子ノ浦 本名 萩原 寛 しこ名履歴 萩原 → 稀勢の里 最高番付 第72代横綱 生年月日 昭和61年7月3日 出身地 茨城県牛久市 身長 188.0cm 体重 177.0kg 得意技 プロレス引退後は、大相撲解説などの他また、この番組ではテロップが初めて出たことでも知られ、輪島の「マグロ!」「金髪!」の回答にこの番組にはその後、2013年秋に大相撲九州場所13日目の大相撲入り以降は右四つでも左四つでも取れるようになったが、日大時代は右四つの取り手であった。輪島はがっぷり四つにならないので右差しでも左差しでも体の動きの自由度は変わらず、それは輪島の幅広のやや前すぼみの肩という体型に由来しており、体型的に胸を合わせる四つ身の型にはなりにくかった。輪島は左下手一本でも引き付けて肩を密着させてくるので、体を開いて投げを打って対抗することもやりづらかった。怒り肩をしていたため、有効身長は実際の身長と比べて高かった。輪島の下手投げは投げの打ち返しか動いてくるところを小手投げのようにしたり引きずるようにしたりして投げるものではなく、腰の力を利用して土俵の真ん中からいきなり投げて相手を裏返す凄まじい威力のものであり立合いを称賛されることは少なかったが、横綱昇進直後の記事では概して「ゆとりある幅の広い立ち合いをしており、立ち合いがずれても抜群の足腰のおかげで甘さにつながらず、相手を見ながら前さばきで押さえ込もうとする」と評され、この立合いに加えて「攻める踏み込みが自在に加われば、これは完璧である」と言われていた。その頃は「双葉山の立合いに最も近付き得るのは輪島」とまで期待された輪島の最多連勝記録は、27連勝である(1973年9月場所初日〜1973年11月場所12日目)。 1976年=輪島:77勝13敗(優勝2回)、北の湖72勝18敗(優勝3回)このように、1976年〜1977年の2年12場所間で、輪湖両横綱が千秋楽結びの対戦で、両者とも優勝圏内での対戦が7度実現した(そのうち、相星決戦は4度である)。また、1974年(昭和49年)7月場所も、千秋楽輪島2敗、北の湖1敗(当時大関)で対戦が実現(この時は、輪島勝利。優勝決定戦も輪島が制し逆転優勝、北の湖は場所後に横綱昇進する)。 上記の通り、20連勝以上を3回記録している。 結局これが原因で、同年12月に大相撲を離れた輪島は、入門後、全日本の総帥8月に馬場とタッグを組んで、アメリカにてデビュー戦を行い、相撲タックルで勝利。日本デビュー戦までにアメリカで予行演習的な試合を7戦行った「お守り」として馬場が付いたタッグでのアメリカデビュー戦や、移動の際に一般レスラーのように専用バスでなく輪島のデビュー前に全日本プロレスから取材拒否を受けていた週刊プロレスの巻頭記事で、全日本と業務提携を結んでいたレスラーとしての評価は決して高くなかったが、同じ大相撲出身の必殺技のゴールデン・アームボンバーが、後年田上明により使われ(田上のものは輪島のように何度か揺らさずに一度の溜めから浴びせていく)、さらに喉輪を取り入れて形を変えた「喉輪落とし」が後に日米で多くのレスラーに使われたり、同じ角界出身で既にトップレスラーであった天龍と激闘を展開したりと、プロレスでのデビュー時の年齢やキャリアの浅さを考慮すればかなりの活躍を見せていた。 このころの両者の取り組みは、右で絞って北の湖に強引な1975年9月〜1978年1月までの15場所間は、千秋楽結びの一番は、全て輪島-北の湖という対戦であり、千秋楽結び対戦連続回数15回は史上1位である。輪湖両雄の対戦は、1972年7月場所〜1981年1月場所の52場所間に44回実現し、千秋楽結びの一番の対戦は史上2位の22回、千秋楽両者優勝圏内の対戦が8回(うち、相星決戦が4回)、水入りの大相撲が3回と、数多くの名勝負が展開された。 大相撲・元横綱の朝青龍はモンゴル・ウランバートル出身。1997年に高知・明徳義塾高に相撲留学しその後、高砂部屋に入門。1999年初場所で初土俵。2001年の初場所で新入幕。2002年の秋場所に大関昇進。2003年の初場所後に第68代横綱に昇進。2005年には年6場所完全制覇に7連覇。2010年2月に引退しています。2008年9月場所の3日目、雅山に負けた後、朝青龍は師匠の高砂親方にどうしても調子が出ませんと珍しく弱音をはいていたという。その後、真夜中に知人に電話して、今までありがとう、俺は引退するよともらしたという話です(相撲担当記者)朝青龍は引退後の具体的なライフプランがあるという人もいる。横綱としてさらに実績を積みながら、モンゴルの政局の行方を慎重に見定めたほうが現実的だという。引退危機とまで報じられていた朝青龍が奇跡の2009年1月優勝をはたした。3場所連続で休場中で腕の怪我も完治していない状態。そんな中で優勝をした力の源はモンゴルから来日をしていた娘だったという。幾度も引退説が報じられた彼に2009年1月場所、何があったのだろうか?と後援会関係者は語るが、実はそれ以上の理由があると朝青龍の知人は語る。モンゴルの国内では当時、朝青龍の離婚問題が何度も報じられていた。名目は長女の治療ということになっているようだ。妻のタルミ夫人とは2002年12月に7年間の交際の末に結婚。子供は長女、長男の2人をもうける。2009年4月に離婚を発表するも実際には離婚しておらず2010年には復縁。そして、2010年初場所中に泥酔暴行騒動を起こし、責任を取って同年2月4日に引退。優勝25回。通算669勝173敗76休。横綱在位は42場所。2010年に一般人に暴行したことが原因で相撲を引退に追いやられた朝青龍。事件は示談成立済みでモンゴルに帰って大統領になる宣言もしてましたが、当時日本で生活してたそうです。事件は、また酒の席で起ってしまったようです。朝青龍が、2011年11月下旬、福岡市内で20代女性に殴る蹴るの暴行をし全治2週間の怪我を負わせていたことがわかった。被害者女性は朝青龍に謝罪を求めたが、誠意のない対応に激怒。「パーティーには男女14人くらい参加していたんですが、酔っぱらった朝青龍がちょっとしたイザコザから、居合わせていた20代女性を殴ったり蹴ったりしてしまったんです。翌日になっても女性は痛みが取れなかったので病院に行き、全治2週間と診断されたそうです」(X氏)「事件の翌日以降、被害者女性は謝罪を求めて何度も朝青龍に電話をしたんですが、加害者意識のない朝青龍は取り合いませんでした。女性は誠意のない対応に診断書を持って警察に被害届を提出しようとしたほど。結局、周囲の説得もあり現段階ではまだ出していません」(X氏) 同時期に横綱を張り引退後も食事をする仲であった第57代横綱三重ノ海の石山五郎(14代武蔵川、元理事長、相撲博物館館長)は相撲協会時代や不祥事があった当時のエピソードを交えたコメントをしており、その破天荒さを「番外の人」と 元横綱・朝青龍は優勝25回も事件で引退!妻と離婚しておらず復縁し子供は 大相撲・元横綱の朝青龍はモンゴル・ウランバートル出身。1997年に高知・明徳義塾高に相撲留学しその後、高砂部屋に入門。 千秋楽(太字)は、千秋楽結びの一番を表す。

北の湖横綱昇進以前の対戦成績(1974年7月場所まで)は、輪島の9勝3敗。両者横綱同士の対戦成績(1974年9月場所以降)は、北の湖の18勝14敗。1974年9月場所から1977年11月場所までは、輪島の10勝7敗、優勝回数は、1977年11月場所まで、輪島12回、北の湖9回。1978年1月場所以降は、北の湖の11勝4敗で、優勝回数は、1981年1月場所まで、輪島2回、北の湖11回。 下記に輪島のその他の連勝記録を記す(20連勝以上対象)。 同時に大関に昇進した貴ノ花とは、土俵を離れれば親友同士でもあったこの頃貴ノ花ともう一人、同部屋の大相撲の歴史上でも、輪島のみが幕下付出初土俵で横綱に昇進し(現在の輪島自身はそれほど大柄な部類ではなかったものの、後年、元大鳴戸親方の横綱昇進後は輪島時代を築くかに見えたが、北の湖が急速に台頭し、1974年には輪島の牙城を脅かすようになる。3月場所に大関に昇進した北の湖は破竹の勢いで5月に優勝、7月場所も輪島に1差をつけて千秋楽を迎えた。北の湖圧倒的有利の下馬評の中、輪島は結びの一番、「1976年から1977年の2年間の輪島、北の湖の成績は下記の通り