荒磯親方 解説 わかりやすい
荒磯親方の解説をべた褒めし、自身のクビを心配する自虐を見せつつ、舞の海さんにも発破をかける勝昭さまの懐の深さよ。結局ファンはあなたが大好きですからね! [北の富士コラム]張り手乱発、まさに「殿ご乱心」と言うしかない白鵬… オガシ@線維筋痛症闘病中(@ogashi25) - 03/20. 現在、荒磯親方は饒舌で解説がうまいと言われています。 今更サンデースポーツ2020観てるけど荒磯親方めっちゃ饒舌なのにめっちゃ分かりやすい — 拍戸 (@osumo_rabbit) May 21, 2019. 16:54 2019年11月18日 .

ぶーちゃん @omg_help_omg. 中村親方のわかりやすい解説に解説の地位が危ういと語る勝昭www #nhk #sumo. 元横綱稀勢の里の荒磯親方が早稲田大学大学院に合格し、2020年4月に入学しました。スポーツ科学研究科の修士課程1年制で、スポーツマネジメントなどを研究するそうです。荒磯親方は中卒で大相撲に入門しているので、すんごい飛び級になりますよね。中学からいきなり大学院に入学したというのは聞いたことがない人がほとんどだと思います。私もなぜそんな事ができるのか疑問に思ったので、調べてみました。目次一般的に大学院は大学を卒業していなければ入れませんが、つまり中卒であっても高卒であっても大学院に行けるということですね。早大のスポーツ科学研究科の修士課程1年制(社会人入試)の出願資格には次のようにあります。当研究科において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、入学の時点で最終学歴卒業(修了)後3年以上経過し、22歳に達する者引用:早大によれば経験や論文などの課題、面接などを勘案して、大卒相当の学力かどうかを決めるそうです。さらに修士課程1年制は実務経験者を対象としており、「荒磯親方は横綱という大相撲の最高番付に登りつめた人なので、実績は十分ですよね。親方は入学出願資格審査、面接を経て合格しました。過去にはこのスポーツ科学研究科に元プロ野球選手の桑田真澄さんが高卒で合格しています。桑田さんと言えば一流の投手として活躍していたので、同じように評価されたのでしょう。最近ではプロテニス選手の伊達公子さんも高卒で入学し、同じ研究科で学んでいます。荒磯親方は現在部屋付きの親方として弟子の指導をしたり、日本相撲協会の業務をこなしています。大相撲の解説では現役の時からは考えられないほどの饒舌ぶりで、わかりやすいと評判ですよね。大学院生になっても親方の仕事は続けるので、勉学と両立できるのかと心配になりますが、大学院の修士課程1年制コースは平日夜間および土曜日に開講するので、なんとかなるのでしょうか。そしてなぜ今さら大学院かというと、将来大学院で学んだことを力士の育成に活用したり、部屋の運営に役立てたいそうです。親方は横綱になったばかりの時にケガをしながらも強行出場したことで、横綱の力士生命を縮めてしまったので、スポーツ医科学と身体運動科学の知識も身につけたいそうです。独立して部屋を持つからには、ケガにも強い力士を育てたいと言うのは親方として当然のことなのでしょう。親方になってから日本の大学に進学した人に鳴戸親方(元大関琴欧州)がいます。鳴戸親方は来日前にブルガリア国立体育大学を2年で中退していましたが、親方になった2ヶ月後に、日本体育大学の体育学部武道学科の3学年に編入しているのです。編入はブルガリアの大学で取得した単位が有効だったからだそうですよ。しかし日本相撲協会の業務との両立が難しくなり、卒業間近にして大学を中退しています。荒磯親方は1年間だけの大学院生なので、あっという間に終わるのではないでしょうか。親方は茨城県牛久市の高校で合宿を行っていた富山県の高校の相撲部の先生の指導を見て「先生による相撲部の指導を生で見てみたい」と、わざわざ富山県まで練習の視察に訪れたほどの人です。引退して1年になるというのに、まわしを付けて相撲部員に胸まで出してくれました。相撲の指導でそんなに熱心になれる人なので、きっと大学院でもしっかり学ばれることと思います。荒磯親方がなぜ中卒で大学院生になれたのかということをまとめました。33歳での大学院合格です。30歳を過ぎると記憶力が落ちますし(経験者は語る)、覚えることは大変になると思いますが、あえて新しいことに挑戦したいという親方の姿勢は素晴らしいですね。きっと大学院で勉強したことを今後の相撲に取り入れて、弟子の育成につなげるのでしょう。親方のもとでどんな力士が成長するのか楽しみです。知っ得!大相撲 All Rights Reserved. 荒磯親方は現在部屋付きの親方として弟子の指導をしたり、日本相撲協会の業務をこなしています。 大相撲の解説では現役の時からは考えられないほどの饒舌ぶりで、わかりやすいと評判ですよね。 しかし、引退後のハキハキとわかりやすい解説 や ... 【解説は荒磯親方(元稀勢の里)&武隈親方(元豪栄道)】大相撲三月場所 親方生解説(千秋楽) 相撲協会のYouTubeチャンネルではたびたび登場する荒磯親方 .

元横綱稀勢の里は現役時代寡黙でぶっきらぼうな印象でしたが、引退して荒磯親方になり、大相撲中継の解説を担当するようになると、一転饒舌な解説を披露しています。こんなによくしゃべる人だったの?と驚いた人も多いはず。あの変貌ぶりは一体どうしたのでしょう(笑)。荒磯親方は元々寡黙などでは全くなく、むしろ明るい性格だったようなのです。現役時代の無口さの理由と本当の性格について見てみたいと思います。目次現役時代に稀勢の里が寡黙で仏頂面を通したのは先代の鳴戸親方(元横綱・隆の里)の指導があったからです。親方は弟子に「また「それが親方の考える力士の本分だったのでしょう。現役中にテレビのバラエティ番組に出なかったのも鳴戸親方の方針でした。稀勢の里は親方の教えを忠実に守り、余計なことを言わないお相撲さんを貫いたわけです。余計なことを言わず、相撲で勝って喜ばれたい、勝って恩返ししたいという気持ちを持っていたそうですよ。稀勢の里は引退後に次のように語っています。「ツイッターとかSNSを力士がやる意味が全く分からないし、ちゃらちゃらしたところは一切見せるものではない」「自分の場合は余計なことを言わず、黙々と相撲を取っていても人気が出るという昭和の香りがする力士を育てたいと思っている」横綱になってからは番付最高位の重責がありました。勝って当たり前と言われます。横綱は孤高の存在とも言われますが、稀勢の里はまさしくそのような力士だったと言えるでしょう。他の関取衆とも必要以上にかかわらなかったそうです。馴れ合うのがいやだったのでしょうね。「現在、荒磯親方は饒舌で解説がうまいと言われています。今更サンデースポーツ2020観てるけど荒磯親方めっちゃ饒舌なのにめっちゃ分かりやすい— 拍戸 (@osumo_rabbit) 稀勢の里、現役時代は意図的に寡黙を装っていたがために誤解や批判も浴びてたけど荒磯親方になって冗舌さを出すようになったことで評価が明らかに変わった気がする。— ふみたけ (@Fumitake_A) 荒磯親方 饒舌だな— 大槻 康裕 (@d72104a5696049f) 荒磯親方 饒舌だなぁ。現役時代は、こっちが心配するぐらい しゃべらなかったのに。— モモンガ (@wddnmsa) 関取の頃はあんな無口だったのに、— MT5 (@mt5_yukimiP) 現役のときは鳴戸親方の教えに従って寡黙を通しましたが、引退すると性格が変わったようにしゃべっていますよね。親方は中学時代は元々おしゃべりな人なんですね。親方はお笑いコンビ・ザブングルの松尾陽介さん(筋肉出していない方)と親交があり、食事や飲酒を楽しむ仲らしいですが、松尾さんいわく親方は「ボケるの?って感じで意外でした。また、相撲好きアイドルの山根千佳さんは「芸人の真似もする人だったんですね。本当に意外です。見てみたい (´∇`*o)現役中は素顔を隠していたのですから、辛かったんじゃないかなと思いますね。「我が相撲道において一片の悔いもございません」と言って涙を見せて引退して、横綱の重責から解き放たれて気持ちも軽やかになったことでしょう。そして口も軽くなったと。断髪式では「解説がうまいのは勉強の成果もあるのでしょうか。辛口の解説者もいる中、荒磯親方は力士の良いところを解説してくれるので、私も安心して聞けます。毎日出てくれないかなと思うのは私だけではないでしょう。特に朝乃山関を褒めてくれる所、好きです ヽ(*´∀`*)ノ2020年初場所で貴景勝関との対戦で朝乃山関が上手投げで勝った時、次のように言ってくれました。「上手取ったら負けない自信があるのでしょうね。これから二人の対戦は相撲協会にとっても看板になっていくんじゃないですか。いや~、いい一番でした」朝乃山関が勝って喜び、荒磯親方の褒め言葉で喜んだ私でした。ついでに言えば朝乃山関は親方が引退後に明らかになった元横綱稀勢の里の饒舌で明るい性格についてご紹介しました。現役時代に寡黙だったのは鳴戸親方の教えがあったからなんですね。厳しい師匠だったので、逆らわず忠実に教えを守ったのでしょう。カメラに向かってピースする力士もいる中、稀勢の里は昔ながらの寡黙なお相撲さんを通しました。私はどちらかと言うと、インタビューなどでよくしゃべり、笑顔を見せる力士の方が気持ちが伝わっていいと思いますが、寡黙な力士の方が好きな人も多いでしょう。その筆頭は遠藤関でしょうか。遠藤関も引退して解説を担当したら変身するのかと言うと、甚だ怪しいですが。それにしても引退後の荒磯親方の饒舌ぶりには驚きました Σ( ̄□ ̄;)これからもわかりやすい解説に期待しています!知っ得!大相撲 All Rights Reserved.
荒磯親方とは稀勢の里 寛(きせのさと ゆたか、1986年〈昭和61年〉7月3日 - )は、茨城県牛久市出身(出生地は兵庫県芦屋市)で田子ノ浦部屋(入門時は鳴戸部屋)に所属した元大相撲力士。第72代横綱(平成期に横綱昇進を果たした最後の横綱)