魔王 ネタバレ 伊坂
この機能をご利用になるには会員登録(無料)のうえ、ログインする必要があります。会員登録すると読んだ本の管理や、感想・レビューの投稿などが行なえます 「魔王」は、超能力を題材にした小説です。 文庫本「魔王」は2つの話からなります。一つは、文庫本のタイトルと同じ「魔王」であり、会社員の安藤が主人公です。「魔王」には安藤の同居人としての弟の潤也と、半ば同居している潤也の恋人・詩織が登場します。 伊坂幸太郎さんの「魔王」を読んで、終盤のとある場面で「アレ?」と思われた方もいるかと思います。 以下、魔王の結末について重大なネタバレを含む描写がなされます。未読の方はご注意ください。 それであの不可解な結・・・ ネタバレなしです。 ちなみに、何年か前に嵐の大野君が主演をしていたドラマ「魔王」とは別物ですのでお気をつけください。 この作品は伊坂作品の中でも結構“重め”といいますか、自分の中ではあんまり“楽しい”部類には入ってません。 『伊坂幸太郎の小説『『連載終了後、本編では描かれなかった番外的な日常エピソードが、同作家次回作『Waltz』『犬養率いる「正義の使者」と称される自警団。取り締まられる側からは「依頼されればその役を演じる読み方はまた小学館〈小学館〈舞台『演劇ユニット「 【ネタバレ・感想】魔王(伊坂幸太郎・作)を読んで。流される人生を歩まないために。 2017/09/18 2018/09/26 やあやあサイ象です。 「感想文の書き方」シリーズもはや第54回、 「あらすじ」暴露サービスとしては第31弾。 Sponsored Links 今回は当代の人気作家、伊坂幸太郎さんの 傑作長編小説でマンガ化・テレビ … 概要. 伊坂 幸太郎『魔王』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約1086件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 伊坂幸太郎の小説『魔王』を少年漫画向けに大幅にアレンジし、さらに伊坂の小説『グラスホッパー』を絡めつつ物語が進行する。 小学館の雑誌で連載されているにもかかわらず、原作が他出版社の小説(『魔王』は講談社、『グラスホッパー』は角川書店)という珍しい作品でもある。